急に気になった ペ・ヨンジュンの現在!

芸能

急に気になった ペ・ヨンジュンの現在!

中国進出で大儲け!!

前々からペ・ヨンジュン氏は「韓流ブームが長く続くよう、アジア各国のエンターテイメント業界と双方向で交流を広げる事業」をしたいと語っており、キーイーストはまさに韓流コンテンツをアジア各国へ供給するべく舵を切りました。

2008年には日本支社を設立し、日本のエンターテイメント専門チャンネルDATVを開設して日本市場に進出。2014年には中国の大手テレビ局・江蘇テレビと業務提携するなど、日中韓をまたにかけて拡大しています。

そして今やキーイースト所属俳優も一流が揃い踏みです。

配偶者になるパク・スジンをはじめ、韓流スターキム・スヒョン、イム・スジョン、ハン・イェスル、キム・ヒョンジュン、チョン・リョウォン、チュ・ジフン、ホン・スヒョン、パク・ソジュン、ソ・イヒョン、チョ・アン、イ・ヒョヌら約30人がキーイーストに所属しています。

さらに現在はドラマや映画事業のみならず、音楽事業、化粧品事業、免税店事業へも進出を試みており、キーイーストはもはやイチ芸能事務所には収まらないほど巨大な勢力となっています。

2014年にキーイーストは、中国の江蘇省の衛星TVと娯楽番組の共同制作契約を締結しましたが、それにはキーイーストの看板スターであるキム・スヒョンが出演したドラマ「星から来た君」が中国で大きな人気を博したことが背景にありました。

中国での韓流ブームの始まりは音楽からでしたが、その後さまざまなチャンネルを通じて韓流ドラマが流通されるようになったことで、中国では本格的に韓流ドラマが消費されるようになりました。

まさにそのタイミングを狙ったかのように中国大手テレビと契約を結び、日本でヨン様ブームが起きたときのように、中国でキム・スヒョンブームを仕掛けました。

まさに過去日本で起きた韓流ブームが中国で再びということですが、中国と日本とでは規模が違います。中国が本格的に韓流コンテンツを消費しはじめたことで、ドラマに登場した俳優たちは爆発的に売れました。 (中でもエースのキム・スヒョンは、キーイーストの売上の30%を一人で叩き出すほどの稼ぎ頭のようです)

その年の8月には、キーイーストは中国のオンラインサービス企業ソフトドットコムとの戦略的提携を結び、TVを通じたコンテンツ制作はもちろん、その流通網までを先取りして本格的に中国市場を攻略し、莫大な利益をあげようとしています。

中国進出を受けてキーイーストの株価は前年の3倍近く上昇、売上高も100億ウォン近く増加し、韓国内でも最大手レベルのエンターテイメント事務所の立ち位置につけました。

過去に日本で起こした韓流ブームの経験から、海外進出のノウハウを確保していたペ・ヨンジュンの才覚が中国での成功に大きく貢献したのです。

ぺ
123456

関連記事

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

人気記事ランキング

新着記事