誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

キルギスの「誘拐婚」

ニュース

キルギスの「誘拐婚」
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

中央アジアのキルギスで、仲間を連れた若い男が嫌がる女性を自宅に連れていき、一族総出で説得し、無理やり結婚させる――キルギス語で「アラ・カチュー」と呼ばれる「誘拐結婚」。この驚きの「慣習」では、誘拐され、結婚を受け入れる女性もいれば、拒む女性、受け入れたものの離婚する女性もいて、それぞれに「物語」がある。

キルギス

アラ・カチューとは

アラ・カチュー(キルギス語: Ала качуу)とは、キルギスで行われている婚姻形態の一つで、誘拐婚の一種。男性が求婚する女性を誘拐し、処女を喪失させる、もしくは女性が処女を喪失したと周囲に認識させることで、事実婚としてしまうものである。国民の75%がイスラム教徒であるキルギスでは処女性は婚姻の際に重視される ため、断れば女性はその後結婚できなくなることが多い。1994年に法律で禁止された。しかし警察も裁判官も黙認しているため、依然としてアラ・カチューは続けられ、国際的にも大きな人権問題として取り上げられている。名称の由来はキルギス語で「掴んで逃げる(grab and run)」と言う意味である。

花嫁誘拐と聞くとなんとなくロマンチックなニュアンスを感じてしまうのはドラマや映画の影響でしょうか。中央アジアのイスラム国家キルギスの誘拐婚「アラ・カチュー」では花嫁を誘拐し、既成事実を作ることで結婚を強制します。伝統・風習とはいえ「さすがにこれってどうなの…」って思ってしまう部分があります。

皆さんはキルギスの誘拐結婚という言葉を知ってますか?

まず誘拐結婚という言葉が衝撃ですよね

今も根強く残っている伝統ということですね。

そして現在は法律で禁止されているものの

少数ながら、誘拐結婚は今でもあるとのこと。

街で見つけた気に入った女性を数人で誘拐し、家族ぐるみで女性を説得。

キルギス
キルギス
キルギス

その中には暴力を伴うケースもあるとのこと。

誘拐結婚のルールとして、女性が拒否したら解放するという暗黙があるそうですが

誘拐された女性の80%以上は結婚に同意するというから驚きです。

理由を聞くと、キルギスでは一旦男の人の家に入って出る事は恥に当たるからとのこと。

伝統だから仕方ない。との気持ちで結婚を承諾するというらしいのです。

誘拐結婚にはいくつものパターンがあるというのです。

それは、誘拐結婚を装った駆け落ち

キルギスでは昔から両親が結婚を決める「お見合い婚」が多いとのこと。

愛し合った2人が、どうしても両親に結婚を許してもらえない場合、強硬手段として、誘拐結婚の形をとるらしいのです。

すると両親は認めざるおえない。それはキルギスの伝統だから。

キルギス

また男性側に、結婚式の費用や記念品を用意する経済力がない時にも誘拐結婚が利用されるとのこと。

なので 誘拐結婚が必ずしも不幸な結果を生むとは限らず、いろんなパターンがあるそうです。

実際幸せに生活している夫婦も多く出会うと言っていました。

キルギス

誘拐結婚には暴力的なイメージしかなかったので、そのような形があるのは意外でした。

とはいえ暴力的なケース、女性の同意を得ないケースの結婚は人権侵害以外のなにものでもないと思います。

その背景には、キルギスでの女性の立場の低さがあるそう。

一昔前の日本の様に、女性を家政婦のような扱う男性も多いようです。

キルギス社会・コミュニティの伝統、としてなかなかなくならない誘拐結婚。

現在キルギスの若者達の間では、誘拐結婚をなくそうという活動が少しづつ行われているそうです。

悲しい結婚。考えただけでツラいですもんね。少しずつ変わっていけばいいなと感じます。

あまりにも衝撃的なキルギス共和国の一面でした。

キルギスの誘拐結婚

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!